You are here

U.S. Worksite Wellness Programs: Time to Connect

U.S. Worksite Wellness Programs: Time to Connect

 職域生命保険に加入し、かつ健康管理に関連するコネクテッド・デバイスを所有する消費者の半数以上が、データの共有に寛容である。

Boston, January 14, 2020 – 福利厚生の一環として提供される任意加入の生命保険は、競争が激しい市場である。この市場では、昨今、「ウェルス・プログラム(コネクテッド・デバイスを活用し健康的な行動にポイント等を付与する)」の提供が差別化施策の一つと考えられ始めた。コネクテッド・デバイスに抵抗のない消費者も増えており、生命保険各社は、「職域」「インセンティブ」「ウェルネス」を組み合わせたプログラムを考案することで、魅力的な福利厚生施策を打ち出したい企業を後押ししつつ、消費者の健康と行動の関する情報を入手することが可能となる。

本レポートは、生命保険会社を対象に、団体任意生命保険市場に適したインセンティブ付商品/プログラムをデザインする際に必要となる情報の提供をめざした。執筆にあたっては、2019年第1四半期に米国の消費者766人(うち93名は職域生命保険に加入)に対して、「コネクテッド・デバイスの所有状況と利用状況」「データの開示に関する意識」を中心にオンライン・アンケート調査を実施した。

本インパクトレポートには図39点と表1点が含まれます(全42ページ)。アイテ・グループのLife Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, Android, Apple, Beautyrest, Bluetooth, Contour Next, Dario, DiamondClean, Fitbit, Fitindex, Google, Ideal For Me, iHeart, Jawbone, Kolibree, MyFitnessPal, MyFoodDiary, Next, Nokia, OnStar, Oral-B, Polar, Phillips, QardioArm, Renpho, Ring, Runkeeper, Rhythm, Scosche, Snap, Tacx, WW (Weight Watchers), Welch AllynおよびWithingsに言及している。