Value-in-Data Takeaways From the EMEA Treasury Council

Report Summary

Value-in-Data Takeaways From the EMEA Treasury Council

企業財務担当者は、財務システムのレベルアップを視野に入れ、どのような機能を取り入れるべきかや何を自動化すべきかの検討/優先順位付けを開始すべきである。

Enrico Camerinelli
Senior Analyst

London, 15 April 2021 – 金融サプライ・チェーンの原動力がデータであることは、自明の理と言えよう。ただ、どのようなデータを収集し、どのように価値を引出すかを説明することは難しい。企業の財務担当者は、膨大な財務データを利用できる立場にいるが、効果的な分析を行ったり意思決定に役立てているケースは数少ない。

本レポートでは、財務システムや銀行システムをデザインする際には、常に財務担当者のニーズを念頭に置くべきことを解説している。本稿は、2021年2月に開催されたAite Group EMEA Treasury Council(銀行やフィンテック・ベンダーのソリューションを利用する立場である財務担当者のコミュニティ)で得られた重要な論点をまとめたものである。

アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本インパクトブリーフ(全11ページ)をダウンロードいただけます。本インパクトブリーフに掲載されたトピックの詳細につきましては、[email protected]までお問い合わせください。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates